避難の仕方

避難について

避難は、市や消防、警察などの指示があったとき、または、自分で危険を感じ、避難が必要と判断した場合に行います。一定の範囲で、災害による著しい危険、又は被害が生じるおそれがある場合、その地域の住民に対し、避難勧告等の避難情報が出されますが、危険を感じたら、指示を待たずに避難をしてください。自主避難の場合は危機管理防災総室(328-2222)までご連絡ください。なお、自主避難は避難所の開放のみとなりますので、寝具、日用品等はご持参ください。市で指定されている避難場所は、日頃から道順や場所を確認するなどして、避難時に迷うことなく速やかに避難できるようにしておきましょう。

段階 内容・とるべき行動・注意事項
1 避難準備・高齢 者等避難開始 災害発生の恐れがある場合に発令し、避難または避難の準備を呼 かけるものです。特に避難に時間を要する方や支援する方に早めに避難をお願いす るものです。
●テレビ・ラジオ等の気象情報や災害情報などを確認しましょう
●車で避難する地域の方、もしくは、危険を感じたら自主的に避難を始めましょう
○こどもや高齢者、体の不自由な人などは避難に時間がかかる場合があるので、早めに避難しましょう
○通常の避難行動ができる人は、家族との連絡や非常持出品の用意、避難場所の確認など避難する準備を始めましょう
2 避難勧告 災害発生の恐れまたは被害が発生する場合に発令し、居住者へ避難を勧め促すものです。
●避難対象地域にお住まいの方は、避難を始めましょう
●避難の原則は徒歩になりますので、車での避難はやめましょう
○避難する前に、電気・ガスなどの火元を消しましょう
○市役所、消防署、警察署などからの避難の呼びかけに注意しましょう
○夜間の避難は大変危険ですので、できるだけ余裕をもって避難しましょう
3 避難指示(緊急) 被害の危険が切迫したときに発令し、「避難勧告」より拘束力が強くなります。
●避難対象地域にお住まいの方は、避難を完了してください
○避難する余裕がなければ、命を守る最低限の行動を取りましょう
○万が一逃げ遅れた場合は電話・懐中電灯などで自分の居場所を救助隊に知らせましょう

日ごろからの備え

避難の際の注意

災害時の行動について

熊本市ホームページ上に災害情報や避難情報に関する情報を掲載しています。 詳細は以下のリンクからご覧ください。

  1. ①弾道ミサイル落下時の行動等について
  2. ②熊本市ハザードマップ
  3. ③我が家の防災マニュアル
  4. ④地域版ハザードマップ(黒髪校区1,8,18町内会で作成済み!)
  5. ⑤熊本市災害情報メール
  6. ⑥防災情報のリンク集